テグレトール(抗てんかん薬)を服用したいけれど病院に行く時間が取れない、という方はどこで購入すれば良いのか?そんな方の為にテグレトールの販売情報をまとめました。

偽造医薬品を買わないためには

処方箋が必要な国内の薬局でてんかん発作の治療薬であるテグレトールを入手する場合には偽造医薬品であるということはありません。しかし、ネット通販を利用した場合には個人輸入を代行するという形式がとられており、海外からの発送となるために、偽造品である可能性があります。ED治療薬で行われた調査では、55%が偽造品であったという調査結果が報告されています。このように、ネット通販を利用する場合には、偽造品を買わされる危険性があることを念頭に置く必要があります。

テグレトールなどのてんかん発作を抑制する治療薬は、長期間の服用を余儀なくされるため、ネット通販を利用する事で通院などの時間的な負担を軽減することも選択肢の一つですが、このように偽造品を買わされるというリスクだけではなく、あくまで医薬品である以上、服用に際しては医師の指示に従う必要があります。テグレトールの場合は、使用初期には投与量に比較して血中濃度が高めになる傾向があり、3-4週間の徐々に服用量を増加させて安定したてんかん発作を抑制する投与量、投与間隔を決定しなければなりません。その際、必ず副作用が出ない事を確認します。添付文書には副作用に対して、どのような症状が出るかが記載されていますので、必ず目を通しておく必要があります。更に併用してはいけない薬剤、食べてはいけない食材に対しても添付文書に記載されいますので、必ず把握しておくことが必要です。特にグレープフルーツはテグレトールの血中濃度を上昇させる働きがあるため、外食などの際知らずに摂取する可能性があるので注意が必要です。更に、テグレトールを中止する際も、医師の指導を受けながら徐々に服用量を減らしていく必要がります。これは急に服用を中止すると、反動から重篤な発作に見舞われる可能性があるためです。添付文書にはこれらの注意事項が必ず記載されています。十分に内容を把握しておきましょう。