テグレトール(抗てんかん薬)を服用したいけれど病院に行く時間が取れない、という方はどこで購入すれば良いのか?そんな方の為にテグレトールの販売情報をまとめました。

海外医薬品が安い理由

インターネットを通じて海外医薬品を購入すると、なぜ安く入手できるのでしょうか。その理由は、これがジェネリック医薬品だからです。ジェネリック製品は、特許が取れた製品を他の会社が製造販売するもので、研究開発費用がかからないので、安くなるという仕組みです。これまで有効性や安全性が実証されてきたものと同等の効果があり、しかも大幅に値段が安いので人気です。利用する際には、添付文書をよく読んで、用量用法を守りましょう。また、海外製品の場合、添付文書は英文になります。分からない場合には、取り扱っているサイトで添付文書の要約を掲載していますので、そちらを確認してください。
テグレトールのジェネリック医薬品カラゼピンも、海外から購入することができますが、テグレトールは日本国内では医師の処方が必要です。使用の際には、主治医や薬剤師に相談することをおすすめします。
テグレトールは、脳の過剰な興奮をしずめて、てんかん発作を抑える効果がある、抗てんかん薬です。鎮静作用もあり、三叉神経痛の発作も軽減します。精神運動発作、けいれん発作などのてんかん発作に効果的で、精神運動発作の第一選択薬です。
てんかんに用いる場合、成人は1回100~200mgを1日2回、または1回200~400mgを1日1回から始め、症状により通常1日600mgまで徐々に増量します。最高は1日1,200mgまでです。小児は年齢・症状により1日100~600mgを何回かに分けて服用します。
医師の指示なしに服用を中止すると、てんかん発作が連続して起こることがあるので注意してください。
また、眠気や注意力低下があらわれる場合があるため、車の運転・危険を伴う機械の操作は避けます。