テグレトール(抗てんかん薬)を服用したいけれど病院に行く時間が取れない、という方はどこで購入すれば良いのか?そんな方の為にテグレトールの販売情報をまとめました。

海外医薬品と偽造品

てんかん発作の治療は長期間の薬の服用を余儀なくされるため、通院の時間的な負担が軽減されるネット通販などを利用して入手するケースが増えてきています。しかし、テグレトールなどの医薬品を通信販売で購入する場合、海外からの個人輸入となる事から、偽造薬が販売されるケースも多く見受けられます。特にED治療薬の個人輸入では55%が偽造品であったという報告もあり、通販をする際には十分な注意が必要です。

テグレトールはあくまで医薬品です。そのため、使用を始めるにあたっては必ず医師の指導を受けなければいけません。使用量を誤って過量に服用してしまうと、重篤な副作用を引き起こす可能性があります。特に使用の初期には投与量に比較して血中濃度が高くなるために、少量から投与を始め3-4週間様子をみながら徐々に投与量を増加して、てんかん発作を抑える適正な投与量を見極める必要があります。ネット通販を利用するのは、安定して投与が可能になった後にするべきです。また、必ず添付文書には目を通し、副作用の症状などを把握しておく必要があります。添付文書に記載されているような副作用が出ていると感じた場合には必ず医師の診察を受けなければいけません。

また服用を中止する場合にも、自己判断で急に使用を中止してはいけません。テグレトールに限らず、てんかん発作を抑制する治療薬を急激に中止すると、その反動で重篤なてんかん発作に見舞われるケースがあるからです。医師の指導に従い、徐々に服用量を減らしていく事が必要です。更にテグレトールの場合グレープフルーツを摂取すると薬剤の血中濃度が上がるなど、併用してはいけない薬剤が幾つかあります。必ず添付文書を確認し、注意事項を把握するようにしてください。